スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もありがとう!!

どもども、2012年もあとわずかですね~
皆様今年はどんな1年でしたか?
今年は嬉しいことも悲しいことも、なんだかいろんなことがあったなぁとしみじみ振り返ってみたり…
でも模型的には充実した1年でしたね。
ってことで、毎年恒例、作品で振り返る1年。

強行偵察型ドラッツェ
dra-c-0001[1]
モデグラ誌「ドラッツェミーティング」に参加した奴ですね。
この「ドラッツェミーティング」は全ての作品に何かしらのコメントを付けていただけたのが良かったですね。
あとドラッツェのデザイナー、明貴美加先生の気になる作品に選んでいただけたことも嬉しかったです。
…そのコメントの中で思いっきり本名書かれてましたけどね(爆

エコーズジェガン
rgm89
地元のプロショップコンテストに参加したジェガンです。
コンテでの見栄えを考えて長モノなんかも作ったりしましたが、まぁ普通ですね…
しかしジェガンはかっこいいですね~MG化はまだかな~

高機動型ゲルググ
ms14
静岡ホビーショーのNMCブースにて展示させていただきましたゲルググです。
ゲルググver,2.0にver,1.0の高機動パックを背負わせただけですが、現用戦闘機のような退色感を出したくて0,2のブラシ買って塗ってみたものですが…

T-34
t34
突如ソ連戦車が作りたくなって、勢いで作ったタミヤのT-34です。
これ、相当に古いキットですが「合い」もばっちりのタミヤクォリティで、パーツも少なくてサクッと作れましたので、塗りを存分に楽しめました。
AFV系はこれからも作っていきたいですね。
ぱんつぁ~ふぉ~!!

ハンブラビ
hambrabi-007.jpg
8月にHGUCハンブラビが発売されることを知り、在庫してる旧キットを早く作らねば!時期的にオラザクにも!と製作したものです。
おかげさまで久々の1次通過を果たせてとても嬉しかったです。

フィアットバルケッタ ランカデカルチャーver
barchetta
以前メサイアを作ったときに余ったランカちゃんデカールを使って、いつか作りたかった痛車をついに…(笑
想像以上に面白かったゾ!!(爆

ジムスナイパーカスタム&ジムスナイパーⅡ
gmsc
念願のHGUCジムスナイパーⅡが発売され、でもMSV直撃世代としては「本家」が欲しいよね、ってことでHGUCジムⅡベースで製作したジムスナイパーカスタム。と、おまけのジムスナイパーⅡ。
HGUCジムⅡは素体としてはおおいに使えるので、ジム系MSVはまた作りたいですね。

ってことで今年はこれだけ。
今年はやっぱりドラッツェとハンブラビが印象に残ってますね。
あと、T-34も面白かったし痛車も楽しかったので、これからもジャンルに縛られずいろんなものを作っていきたいですね。

ってことで皆様良いお年を…
スポンサーサイト

少し扉を開くだけです。

どもども!ちょいとご無沙汰しちゃいましたが、とりあえず私自身は元気ですのでご心配なく(笑

で、ですね、少し前の話になりますが、観てきました「エヴァQ」
皆さんはもうご覧になりました???
で、私の感想は…

え~っと、俺、「破」と「Q」の間の1本見逃してたっけ???

ってなところです(笑
たぶんこれは狙ってのことでしょうが、状況がさっぱりワカラナイ…\(゜ロ\)(/ロ゜)/
次回に激しく期待!ですが、正直ちょっと消化不良…

でもまぁ、一番印象に残ってるのは、映画を観終わって劇場を出るときに近くを歩いていた女性の方々が

「違う!カヲル君はっ!顔も!性格も!カヲル君はあんなじゃないっ!!」

ってヒートアップしてたこと(笑
多感な乙女の頃に出会ったキャラってのは、長い時間をかけて自分の中でイメージが膨らんで、特別な存在になってるんでしょうね。

で、和茶さんが多感なチューボー時代に出会って「トラウマ」とも呼べるほどの衝撃を受けたのが「永野護」。
その永野先生が心血をそそいで完成させた映画「花の詩女 ゴティックメード」も観てきました!ってこれは先月の話ですが…(笑

もうね、感動ですよ!とことん「手書き」にこだわった筆のタッチも荒々しい背景画にうっとり。
そして永野キャラが動く!しゃべる!そして美しい永野メカが戦う!!
ま、内容的には正直「ヲイ!!」ってところもありますが、いいんです、そこは永野だから(爆

う~ん、ボークスのIMSでボルドックスでないかなぁ…
ま、それは無理としてもネプチューンかプロミネンス作りたいですね~


…とかいいながら作り出したのは

bastole bastole
何故かオーラバトラーのバストール(笑

いやね、オーラバトラーと言えば生物的なウネウネとした表現が特徴ですよね、そういうのいままでやったこと無かったので、一度やってみようかな?と。

でもまずはスタイルの修正から。
ダンバインシリーズの中では傑作の呼び声高いバストールですが、さすがに今の目で見ると厳しいですから。

で、

bastole bastole
こんな感じ。
ウェストを絞って股間軸を狭くして足を伸ばして…
って簡単に言うとそんなところです。
今回は(も?)ポーズ固定なので、今のところ関節はアルミ線接続です。

で、お待ちかねの生物的表現!
まずは足の爪から…

bastole

… … …

挑戦と無謀を同じポケットに入れて持ち歩くな!誰の言葉か知っているか??

もう、いろんな意味で「やっちまった」感がしないでもないですが…

おもしれ~~!!
出来栄えは別として、エポパテ塗りつけてスパチュラ使ってウネウネとやるのはホント面白い!!

ってことで、もう少し無音潜航しますね。
では!!

戦い済んで日が暮れて…

どもですこんばんは!
興奮のオラザク発表から1週間過ぎましたね。
改めて各作品を見ていると、ホントに凄い作品がいっぱいで、見てるこっちもテンションあがりますね。
中でもやはり各部門入賞作品はホントに素晴らしく、時間を忘れてじっくりと見入ってしまいます。
ホント、まだまだ自分には足りないものばかりで、この世界はホントに奥が深いですね~

入賞者の皆様本当におめでとうございます!
モデサミで、静岡で、硬い握手をかわした斉藤はじめさんの金賞受賞はほんと嬉しかったなぁ。
エスタさんのバイアラン、オリジナルナデザインがすごくカッコよくて是非実物見てみたいなぁ。
タイトな製作スケジュールながら毎年きっちり1次通過するレオさんはホント凄いなぁ。

よし、来年も頑張ろ…
って来年はこっちを頑張るかも??

「Modelers Party~CLIMAX~」

リンクをクリックするとさのすけさんのブログにジャンプしますので、そちらもチェック!!
また、沢山のモデラーさんとお会いできるといいな~

あと、モデサミ2でお隣さんだった4163さんともリンク結ばせていただきました。
また、お会いできると嬉しいですね~


と、いうことで、毎日HJ誌と一緒にモデグラ誌のガルパン特集見ながら呆けていたわけじゃなくて、ぼちぼちとプのほうもいじってましたよ~

次は何をつくろうか?と在庫スペースを見ていたら、以前作りかけで放置してあった1/100旧キットのガルバルディがあったものでそいつを引っ張り出してきました!

で、以前の製作が止まってしまった理由の1つが頭部だったので、もう1つの在庫キットを引っ張り出してきて作り直しました。
(更にもう1つ在庫キットがあるってのは内緒だ!)

galbaldy-12022.jpg
サフ状態のが以前作ったもの、で、その隣が今回作りなおしたもの。
別に以前のものが気にいらないって訳じゃないのですが、ちょっといろいろ頑張り過ぎちゃって「キットのイメージを大事にした小改造」っていうのとはちと違うよな、ってことで。
で、作りなおしたほうは目を大きめにして、少し野暮ったい感も残しつつってな感じですが、いかがでしょう?
凄く出来のいい旧1/100ガルバルですが、顔が鬼門なんですよね、ホント…

galbaldy-12021.jpg
で、肩関節付け根にはMGジムクゥエルのものがブチ込んでありましたので、それに合わせて肩軸もクゥエルのものを流用。
この上腕部のデザインと可動の両立をどうするか、ってのもガルバルリニューアルの難しいところですが、今回はその辺気楽にスルーで…(笑

とまぁそんなところで全体!!

galbaldy-12023.jpg
試しにクゥエルのシールドとマシンガンを持たせてみましたが、意外と違和感ないですね。

あとはスカートの取り付けとバックパック…なのですが、またここで少しテンションダウン気味で…
「キットのイメージを大事にした小改造」ってのに若干の中途半端さも感じてるところに、HJ誌の凄い作例を見ちゃったものだから…

で、実は今、違うものを製作中(爆
そちらのほうはもう少し進んでからアップしますね。
だ、断じて金色とかピンク色とか六文銭の戦車とかじゃないんだからねっ!!

ではでは!!
プロフィール

wacya

Author:wacya
ども!草食男子で雑食モデラーの和茶です!!

イチオシ!!!
モデラーズギャラリー
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
silvershotgun!'s website
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。